« できればご来店のご予約をお願い申し上げます。 | トップページ | 北鎌倉 イタリアンレストランにて »

2011年11月20日 (日)

一中音楽文化研究所設立

都一中先生の一中音楽文化研究所設立記念パーティに行きました。

一中節(いっちゅうぶし)は初代都太夫一中(1650年~1724年)による創始で、浄瑠璃の一種。国の重要無形文化財。

三味線音楽としてよく知られている常磐津、清元、新内、宮薗節、富本節、豊後節などは全て一中節からスタートした流派で、その中でも最も繊細で優美とされ、当時、江戸の町人の上流階級の間で最もハイソなものとしてブレークしたという流です。

今回は一中節を世界へ、未来へ広げていくために都一中12世家元が都一中音楽文化研究所を設け、設立記念パーティの運びとなりました。
邦楽を今まで一度も体験したことのない、男性十数名の一年間のお稽古の成果に「猩々」の合唱をご披露。ほとんどの皆さんが初めての黒紋付とは思えないほど、堂々と舞台に立っておられその姿はとても格好良かったです。

ありがたいことに、弊店はその衣裳を担当させていただきました。
大多数が和の世界に無縁だった方の紋付袴をご用意させていただいて、それぞれのご要望がとても勉強になりました。
黒紋付には白の羽織紐と決まっていますが、特注で深紅にお染めしたり、草履も紺の台に黄色の鼻緒に赤いつぼ、などそれぞれ個性的。
 ピースマークの五つ紋などなど、男性たちのおしゃれ心はとどまるところを知りません。呉服屋の固定観念はすっかり払拭されました。
又、それを容認なさる一中先生は確固とした古典を守りつつ、一般に広めようとする努力に満ちあふれ、お弟子さんの全員の口から一中先生のお人柄に魅かれて一中節を習っている、と伺います。
 ご成功をお祈りするため、今回の黒紋付は白生地からご注文をいただいてから黒をお染めして、仕立て上がった後には弊店においてお浄めもしていただきました。

私の大好きな芸者さんお二人、新橋の喜美勇さん、赤坂の三紀子さんの舞も素敵で会場はしっとりと。
パーティーは大盛況でした。

この数ヶ月はとても充実したお仕事をさせていただき、日本の大切な文化を守り、発展させていく喜びを改めて感じています。
両方の祖母が三味線が上手だったので、私は小さい時から三味線を聴くのが好きでした。
そして、1868年に創業した伊勢由の初代が残した、たった一枚の写真の裏に一言だけ「一中節の大家」と書いてあったことは、偶然ではないと思っています。
Dsc02516


Dsc02477


Dsc02475


Dsc02521


|

« できればご来店のご予約をお願い申し上げます。 | トップページ | 北鎌倉 イタリアンレストランにて »

銀座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/53287310

この記事へのトラックバック一覧です: 一中音楽文化研究所設立:

« できればご来店のご予約をお願い申し上げます。 | トップページ | 北鎌倉 イタリアンレストランにて »