« 江戸小紋の会 半襟に江戸小紋を染めてみよう | トップページ | 皆既月食見ました! »

2011年12月11日 (日)

江戸小紋の会 半襟に江戸小紋を染めてみよう ご報告

江戸小紋を半襟に染める体験ご報告です。職人さんの金田さんが持ってこられた型、大小あられ、カボチャとなす、小桜などの柄から選んで、金色、緑、紫など、お好きな色で半襟染めを開始。
まずは、金田さんのお手本を眺める。見てる限りは簡単そう〜。
さて、まず、型を半襟の上に置く。それがなかなかの至難の技、すでに染めた柄の下に1ミリも狂わず再度型を置かないと、柄が曲がるか、空くか、重なってしまいます。たった一人の方だけ上手に型を置くことができました。
次に染めですが、均一の量を均一の力でぬっていく。色の重なりができるのも禁物。
なるほどこれは熟練が必要です。
そして、型をぶれないようにはずして完成。半襟の場合は3回だけの型置きですが、一反の着物は数十回の型置きがあり、万筋のような縦縞などは型がずれたら一貫の終わり。染料の置き方も細い太いが出ないように氣を使います。
昔は餅粉と米ぬかで糊を作って染料に混ぜたとか。せっかく完成した反物を、乾かしている最中にネズミに食べられ泣いたこともあるとか。小学校5年生からこの道で修行している金田さんの、江戸小紋製作にまつわるエピソードも楽しい体験でした。


Dsc02541_2


Dsc02558_2


Dsc02554


Dsc02560_2

Dsc02574

Dsc02565


Dsc02549


Dsc02553


Dsc02576


|

« 江戸小紋の会 半襟に江戸小紋を染めてみよう | トップページ | 皆既月食見ました! »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/53461657

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸小紋の会 半襟に江戸小紋を染めてみよう ご報告:

« 江戸小紋の会 半襟に江戸小紋を染めてみよう | トップページ | 皆既月食見ました! »