« 東京国立博物館で「和様の書」 | トップページ | 東京都主催 『大江戸寄席と花街のおどり』東京発伝統WA感動 有楽町朝日ホールにて »

2013年9月16日 (月)

香川照之さんに銀座いせよしオリジナル江戸浴衣をお召し頂きました。

Image_4

ご活躍中の香川さんにオリジナル江戸浴衣をお召し頂きました。黒い布と布の中に牛車柄を入れてお仕立てし、「中車さん」を表しました。帯結びは役者さんはこのように結ぶそうです。

役者さんにとっての浴衣はお稽古着として着る以外に、舞台の後、数分でお風呂から出てお客様の前で羽織るものとして、何枚あっても嬉しい必需品です。いせよしオリジナル浴衣は一反一反注染という技法で染めているので、風通りが良く乾きが早い。濡れたまま着てもすぐ乾く、本来の浴衣の役割をしています。(浴衣は昔は入浴時、又はお風呂上がりに着るものでした)ご贔屓の役者さんに贈り物をお考えの方は、是非浴衣を楽屋見舞いとしてお持ちになりませんか?


|

« 東京国立博物館で「和様の書」 | トップページ | 東京都主催 『大江戸寄席と花街のおどり』東京発伝統WA感動 有楽町朝日ホールにて »

いせよしファン」カテゴリの記事

ゆかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/58201166

この記事へのトラックバック一覧です: 香川照之さんに銀座いせよしオリジナル江戸浴衣をお召し頂きました。:

« 東京国立博物館で「和様の書」 | トップページ | 東京都主催 『大江戸寄席と花街のおどり』東京発伝統WA感動 有楽町朝日ホールにて »