« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | めちゃイケの司会をお着物で、住吉美紀さん »

2014年1月 6日 (月)

第二回 料亭風に銀座でひっそり大人の忘年会@資生堂パーラー

第二回 料亭風に銀座でひっそり大人の忘年会が12月13日(金)午後6時30分より資生堂パーラーにて行われました。

今回は男性を含め一人づつの参加者が多く、お互い知り合うまでの時間を少し案じていましたが、皆様自己紹介をしながら和んで頂けたようでした。
 まずは、金春流八十代ご宗家の奥様の金春寿美子様に、12月15日に国立能楽堂で行われた「伯母捨」の解説を頂きました。能は難しくて‥とよく言われますが、この解説と舞台を御覧になったお客様から「感動した!」の声が多数あがりました。私が拝見した感想は、舞台は長時間の大作ではありましたが、観客が咳払い一つせず、舞台に吸い寄せられる集中力に張りつめられ、あっという間に時が過ぎました。
 間の余興は銀座若旦那、女将による端唄「木遣りくずし」「さわぎ」です。私たちの演奏は九月の新橋演舞場にてのくらま会以来。普段は各自商売に忙しく、リハーサル無しのぶっつけ本番で、お耳汚し、ごめんなさい!でも少しは邦楽を身近に感じて頂けたでしょうか?
 そして、十二代お家元、都一中先生により一中節の「花の段」(谷崎潤一郎作)をご指導頂きました。代表の数人が語った後、一中先生の楽しくわかり易いお話の成果で、皆様朗々と一中節を語られました。ほとんどが初めての方ばかりだったにもかかわらず、大きなお声で上手だった為、手本になろうと練習した私たちも圧倒されるほどでした。
 会は最後、時間がおして申し訳ありませんでしたが、楽しい余韻を残したままにお開きとなりました。
両先生方、ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。
第三回目も第二週目の金曜日(討ち入り前後の金曜日!)に致します。
皆様、是非、お着物姿でいらして下さいませ。

Dsc01036_2

Dsc00455_2

Dsc00613_2

Dsc00577_2

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | めちゃイケの司会をお着物で、住吉美紀さん »

銀座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/58893603

この記事へのトラックバック一覧です: 第二回 料亭風に銀座でひっそり大人の忘年会@資生堂パーラー:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | めちゃイケの司会をお着物で、住吉美紀さん »