« 自然派、都会派えいこさん | トップページ | くらま会からす組で踊って下さった芸者さん 千代加さんの帯締 »

2014年9月29日 (月)

くらま会用お揃い付下訪問着を作らせて頂きました。

Img_1140_3

昨年の銀座くらま会の折、銀座の出演仲間の女性から、くらま会のための御揃い着物を作って欲しい、という思いもかけなかった、嬉しく、感謝感激のお言葉を頂きました。早速、昨年中に日本製の生糸の白生地を確保し、お好きな色を皆様に伺ったり、柄のお好みなどをお話し、図案を何度か描き直しながら、数名の方に図案をお見せしました。そんな中、靖山画廊の山田さんより、銀座の植物の変遷を描いたらどうか、というアイディアを頂き、それはいい!と植物の調査。「銀座にはなぜ超高層ビルがないのか」の著者の竹沢えり子さんのお知恵も借りながら、図案を練り直し。松、桜、イチョウ、楓、柳、などは問題なくも、しゃりんばい、いちい、などはモチーフにしずらい柄。図案師も私も描いたことがなく、その形や花と花とのつながりをつけるのが難しい。おっとりした染め師ともぶつかりながらの製作でした。20歳から80歳まで着られて、ピンクの地色も肌に映える色目を吟味し、さし色は甘くならない銀座らしい色に。お一人目を完成させて、順番に一反づつ友禅が続きました。最後に和裁士も腕を奮い、写真が当日御召し頂いた着物です。当日の反応には超緊張でしたが、さすがに銀座の経営者の女性の着こなしには脱帽です。その美しさに心より感謝でした。肩には三亀さんには「三つ亀甲」柳画廊さんは「柳」靖山画廊さんは「遠山」佐々木さんは「笹」洋服デザイン製作gisoさんはご本人の意向で「二九八(ふくや)たんざく」いせよしは弊社のロゴ、など、それぞれを描きました。このような機会を頂き、くらま会女性の皆様に心より御礼を申し上げます。また、お褒めの言葉を頂戴した方々にも、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

O0480064013081072115_2


O0800060013080292373

Img_1154

Img_1145

http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=11931874593#

|

« 自然派、都会派えいこさん | トップページ | くらま会からす組で踊って下さった芸者さん 千代加さんの帯締 »

銀座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/60393654

この記事へのトラックバック一覧です: くらま会用お揃い付下訪問着を作らせて頂きました。:

« 自然派、都会派えいこさん | トップページ | くらま会からす組で踊って下さった芸者さん 千代加さんの帯締 »