«  銀座いせよしにて開催の、くずし字講座角田先生が読売新聞に掲載されました | トップページ | ふみえさん、綿麻の着物に袴をつけて能の会に »

2015年4月16日 (木)

銀座で小さな和講座 「文楽」三味線 竹澤宗助先生

文楽の三味線は遠くの舞台で伺う以外、なかなか近くで聴く機会がありません。皆さん自然に近くに寄ってお話、演奏に聴き入りました。

まずは三味線を拝見すると、太棹で大きい、バチも大きく厚みがあり、一番驚くのはバチの持ち方が長唄と90度に近いくらい違う!三味線の糸のお話など交えながら、宗助先生のストイックなまでの練習方法を伺ったり、参加者も三味線を触らせて頂いたり、と和気あいあいな和講座でした。

当日は、舞台の合間をぬって和講座をして頂きましたが、先生の舞台をご覧になった方が、知らずに帰りにいせよしに寄って、先生との再会に驚かれたり、この講座の参加者が後日舞台にいらして、先生と再会されたり、と当日後日談と続きました‥!
Dsc07380_2

Dsc07408

Dsc07386

Dsc07424

Image

|

«  銀座いせよしにて開催の、くずし字講座角田先生が読売新聞に掲載されました | トップページ | ふみえさん、綿麻の着物に袴をつけて能の会に »

銀座で小さな和講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/61225323

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座で小さな和講座 「文楽」三味線 竹澤宗助先生:

«  銀座いせよしにて開催の、くずし字講座角田先生が読売新聞に掲載されました | トップページ | ふみえさん、綿麻の着物に袴をつけて能の会に »