« Hitoe, Ro and Linen - Ensembles before,after and through summer | トップページ | 弊店和講座でお馴染みの 花崎杜季女先生 ポーランド公演 »

2017年6月30日 (金)

カタツムリ柄 絽縮緬生地小紋をお召しのえいこさん

今日で6月も終わり。暦の上では明日から夏物ですが、9月になると又単衣、と夏は衣替えに気を使います。単衣の着物は迷うもの。絽縮緬生地の着物はかつては単衣用でしたが、今は単衣→夏物→単衣と着続けることができるので便利です。えいこさんのこの帯は、こげ茶の華紋地紋の絽つづれ帯、価格も気軽な帯で(今年は残り少なく、後日写真を掲載します) 浴衣→付下 まで結べるのでこれまた便利です。紫がかったブルーの帯締で、組合わせが品がよく、いつもおしゃれなえいこさんです。
Img_0272

Img_0273

ところで、’蝸牛カタツムリ’という字、銀座の小さな和講座、《くずし字》の角田恵理子先生によると、虫へんの右側の、つくりは、肋骨を上(頭側)からCTスキャン的に見た’うずまき’の形。’渦’ももちろん、うずまき模様の象徴。漢字はものの形から覚えると覚えやすい。小学校でこんな風に教わったら、もっと勉強楽しかったなあ‥弊社くずし字講座、夏休みにぜひ、小学生、中学生のお子さんと一緒に参加してください!

|

« Hitoe, Ro and Linen - Ensembles before,after and through summer | トップページ | 弊店和講座でお馴染みの 花崎杜季女先生 ポーランド公演 »

いせよしファン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/65447608

この記事へのトラックバック一覧です: カタツムリ柄 絽縮緬生地小紋をお召しのえいこさん:

« Hitoe, Ro and Linen - Ensembles before,after and through summer | トップページ | 弊店和講座でお馴染みの 花崎杜季女先生 ポーランド公演 »