« 銀座いせよし 浴衣で銀ブラ!(4) | トップページ | 稀音家長唄三味線  お揃い浴衣会致しました! »

2017年8月18日 (金)

長唄三味線  稀音家六公郎浴衣会 下浚い


Img_0514_2



Img_0520

下浚会は、実は本番より緊張する、と私含め皆さんおっしゃいます。何故か??人様の前で、お稽古の成果を披露する緊張感が、本番では開き直りに変わる?という説もありますwink そして、唄の杵屋三七郎先生と杵屋喜太郎先生の美声に魅了され、自分の演奏がおろそかになる、のはもちろんの説。とにもかくにも、プロの演奏家の方々と、同じ舞台で拝聴できるのが、邦楽の醍醐味。皆さんも観客席からでなく、プロと並ぶ特等席で、邦楽を楽しみませんか?



男性の木綿の角帯は冬も夏も重宝です。お二人色違いで。麻の浴衣と、からむし帯のえみこさん、私は大好きな動物柄、神様のお使いのゾウと、ツキを呼ぶウサギ柄で、縁担ぎです!

|

« 銀座いせよし 浴衣で銀ブラ!(4) | トップページ | 稀音家長唄三味線  お揃い浴衣会致しました! »

ゆかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/65679175

この記事へのトラックバック一覧です: 長唄三味線  稀音家六公郎浴衣会 下浚い:

« 銀座いせよし 浴衣で銀ブラ!(4) | トップページ | 稀音家長唄三味線  お揃い浴衣会致しました! »