« 子供の浴衣 その2 | トップページ | 防災グッズに、わらじを。 »

2017年8月23日 (水)

「着物」は「氣のもの」 

着物の着付は難しいと言われています。私が子供の頃は祖母たちは寝る時も庭仕事も着物でした。それを今では教室で習ってから着る、もしくは美容院で着せてもらうようになりました。すると次第に着物は高嶺の花になり、ますます着崩れないように、シワのないようにと、きつく締めたり、補正をして着心地の悪い辛いものになってしまっています💦

子供の頃、私は着物を着て出かけることが大好きでした。一歩一歩の足どりがウキウキ軽く、布に包まれると木枯らしの中でも暖かでした。💕
夏のお祭りの人混みも、大人びたエレガントな気分でした⤴

着物は氣のもの、つまり、楽しんで、心地よく着る「気持ち」 が大事です。気持ちが良ければ、着付の不足はチャーミングポイント、愛らしさや親しみやすさにもなります。💓 心を忘れて着付の細部ばかりにとらわれると、着物は近寄りがたい、高慢なものになってしまいます。💥



 

 

 

 

|

« 子供の浴衣 その2 | トップページ | 防災グッズに、わらじを。 »

着物ハウツー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「着物」は「氣のもの」 :

« 子供の浴衣 その2 | トップページ | 防災グッズに、わらじを。 »