« 和紙を通して染めた花柄小紋をお召しの、めいこさん | トップページ | 成人式のお振袖を婚礼の打掛に »

2018年4月29日 (日)

5月12日(土)近藤誠一先生(元文化庁長官、「匠-日本の技」代表理事)「銀座で小さな和講座」 開催お知らせ

若楓に光と風のゆらぎが心地の良い頃でございます。
今日は「銀座で小さな和講座」のお知らせです。

*******************************
第257回 銀座で小さな和講座

講師  近藤誠一先生 (元文化庁長官、「匠-日本の技 TAKUMI- Art du Japon」代表理事など)

題名  「富士山」と「三保の松原から見た富士山」 世界遺産への道
    目に見えないものの価値 / 世界における日本文化とは

とき  平成30年5月12日(土)午後1時30分から午後3時まで

ところ 銀座いせよし

会費  3,500円
*******************************

近藤誠一先生は、「富士山」と「三保の松原」の世界文化遺産登録に御力を尽くされました。
富士山を自然遺産でなく文化遺産として、また
’三保の松原から見た富士山’は日本文化の’目に見えないものの価値’を、世界に広める、
という大きな意義がありました。
そこに至るまでのご苦労や、エピソードなどをお聞きするとともに、
「匠の会」発足の経緯と今後についても伺いたいと思います。


~ 近藤誠一先生プロフィール ~

1946年神奈川県生まれ。東京大学教養学科卒、1972年外務省入省。
在米国日本大使館公使、OECD事務次長、外務省広報文化交流部長などを経て、ユネスコ大使、駐デンマーク大使、
文化庁長官を務め、現在は近藤文化・外交研究所代表、外務省参与。
2013年の富士山の世界文化遺産登録に力を注がれた。
フランス レジオンドヌールシュバリエ章受章(2006年)、平成27年度日本アカデミア賞(国際部門)受賞、
平成28年度瑞宝章重光章受章。平成29年度情報文化賞国際芸術賞受賞。

~ 「匠-日本の技  TAKUMI- Art du Japon」について ~

近藤誠一先生が代表理事を務める「一般社団法人 TAKUMI - Art du Japon」では
日本が誇る「匠」の技能と精神、「匠」スピリットを社会の中心に取り戻すための活動を展開されています。
詳しくは下記のホームページよりご覧くださいませ。
https://www.takumi-artdujapon.jp/index.html


和講座へのご参加のお申込はお電話にてお願いいたします。
03-6228-5875
(営業時間外は、留守電にメッセージを頂けましたら改めて折り返しさせていただきます。)


※講座は人数に限りがありますため、定員を超える場合は、
お得意様より優先でお受付致します。
あらかじめご了承くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 和紙を通して染めた花柄小紋をお召しの、めいこさん | トップページ | 成人式のお振袖を婚礼の打掛に »

銀座で小さな和講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/66663322

この記事へのトラックバック一覧です: 5月12日(土)近藤誠一先生(元文化庁長官、「匠-日本の技」代表理事)「銀座で小さな和講座」 開催お知らせ:

« 和紙を通して染めた花柄小紋をお召しの、めいこさん | トップページ | 成人式のお振袖を婚礼の打掛に »