« えいこさんのお嬢様 | トップページ | 「十周年感謝の会」開催させて頂きました »

2018年11月19日 (月)

元文化庁長官の近藤誠一様より「銀座いせよし 創立10周年記念の集いによせて」ありがたく頂きました。

銀座いせよし 創立10周年記念の集いによせて


(2018年11月16日  近藤誠一様より)

 

千谷美恵さん、

銀座いせよし創立10周年、まことにおめでとうございます。

偶々海外出張中で、出席がままなりませんので、一言文章にてお祝いを申し上げます。

 

私はかねてより、伝統文化に接するには、2つのことが大切だと考えてきました。

第一に、伝統とは、その世界に長く、深く身を沈めて初めてその技の神髄を会得できるということです。言葉による説明、つまり理屈の積み重ねでできるものではなく、体で感じる、いや感じることすらないままに自然に体の一部になるものです。一子相伝は、それを実現するための最良の手段として、先人たちが考え出した知恵なのでしょう。でも、これだけでは伝統の半分しか語っていることになりません。

 

もう半分は何でしょう?伝統とは、その外の世界から客観的に見、その価値を厳しく疑い、挑戦して、それでもいいと分かって初めてその普遍的力を確認・納得できるものだということです。伝統に価値があるのは、そこに時代と空間を超えた、人間にとっての真理があるからです。ですからいまの若い人に全く相手にされないものがあるとすれば、それは若い人が伝統を理解しないからではなく、その伝統に、いまの若い人の心を揺さぶる力がないから、つまり最早、真の伝統ではないからなのです。

 

私の存じ上げている伝統文化の巨匠たちは、みな海外の異文化に接し、自分と戦い、苦しみ、絶望の果てに、自分の国の伝統の本当の価値に目覚めた方々ばかりです。その経験により、自分が携わる伝統の強みと弱み(つまり普遍性の有無)を理解し、それを修練の糧にしたのです。それが厳しい、修行に耐える力を与えたのです。

 

これが、伝統と、ひとりよがりの即席オタクや浅薄な大衆趣味との違いです。

 

従って伝統とは、「守る」べき古い価値ではありません。普段心の奥に、無意識のうちにもっているが、自分の生まれた環境とは全く異なる価値体系に身を置き、そこでの精神的生存を目指すとき、はじめて、自分の心の奥にあって普段は気づいてこなかった懐かしい文化の価値として、評価できるものなのでしょう。

 

その意味で、「アメリカ」 の「金融」 会社で活躍された千谷さんが、「日本」 の「着物」 という、まるで正反対のものを生業にすると決断された直接のきっかけが何であれ、それは自然なことであったと思います。四半期ごとの数字、マーケットシェア、出世などの価値観は、自分の一面を試す手段としては便利でも、いつの間にか自然に包まれた人間性を蔑ろにする習性が身についてしまう危険があります。銀座いせよしの創立が、欧米近代合理主義の脆さを暴露したリーマン・ショックの年であるのは、偶然ではありません。

 

私は年に20~30回位しか着物を着ることはありません。何となく憧れて、着始めましたが、着る前は、ちゃんと着られないのではないかと、いまでもちょっぴり憂鬱です。着てからも、どこかおかしいのではないかと、いまでも不安です、何かあったときにうまく対応できないのではないかと心配します。

 

でもそれは、着物が悪いのではなく、時間に追われる現代の都会生活を基準にしているから不便に思うだけです。生活を着物に合わせればいいのです。それだけの価値が着物にはあると思います。

 

着物の魅力、それは着る20分ほどの間に、

蚕や植物のもつ命とやさしさを感じ、味わいある色をくれた草木に感謝し、

糸を撚り、布を織り、染織し、デザインし、仕立ててくれた無数の職人さんたちの、

まだ見ぬ着る人を思う暖かいこころと、品質にこだわる職人気質を感じ、

数本の紐と四角い布地を縫い合わせただけのシンプルさが醸す機能性に驚嘆する、

ことにあります。

 

そして着ている間の心地よい緊張感、きちんとした姿勢、自然と自分を一体にしてくれる力、日本人であることの小さな誇りもまた格別です。

 

グローバル化と科学技術の革命的変化の下で、伝統文化が危機に陥っていると言われます。しかし私はそうは思いません。着物に代表される日本の伝統の本当の価値が、やっと世界の人々に理解されるときが来たのだと思います。伝統とは時代、空間を超えて、人類に生きる意味を与え、心の拠り所を与えてくれるものです。そして今の世界で、その力があるのは日本の伝統です。着物です。それをつくり、生かすのは、われわれです。

着物がなくなることはありません。なくなるのは、日本人がこの世から消えるときです。

 

細やかなお気遣いで、こうした喜びを与えて下さった千谷さん、有難うございます。これからも、ここにお出での皆さんと力を合わせて、日本の伝統を守り・・・いや、生かし、つくり続けていって下さい。

 

10周年、本当におめでとうございました。

|

« えいこさんのお嬢様 | トップページ | 「十周年感謝の会」開催させて頂きました »

銀座いせよしについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543379/67390624

この記事へのトラックバック一覧です: 元文化庁長官の近藤誠一様より「銀座いせよし 創立10周年記念の集いによせて」ありがたく頂きました。:

« えいこさんのお嬢様 | トップページ | 「十周年感謝の会」開催させて頂きました »