« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月23日 (火)

お子様浴衣の手引き

浴衣は古くから日本人の日常着として親しまれ、愛用されてきました。
浴衣を通して、和文化の“衣”について学びましょう。

【浴衣とは】

浴後または夏に着る木綿の単衣のきもの。

古くは湯帷子(ゆかたびら)と称し、入浴のとき身にまとい、のちには浴後
夕涼みにまといました。平成の終わりには、花火見物などの際の外出着として、親しまれるようになりました。

昭和の時代までは、着古した浴衣を寝巻にしたり、ほどいて膝かけや手拭き、最後は赤ちゃんのオムツとしてリサイクルされていました。
昨今ではプリント染の浴衣が、手軽さのために好まれていますが、肌に敏感なお子様や、涼しさを求めるには手染の浴衣がお勧めです。
さらに、綺麗な着付けと着崩れ防止のためには、ミシンでなく手縫仕立ての浴衣がお勧めです。

★浴衣を準備する

○譲られた浴衣
お母さまの浴衣など、譲られた浴衣生地がある場合は、一度ほどいて洗い、
お嬢様のサイズに合わせて縫い直してください。

(腰上げの浴衣は身長マイナス頭の長さ分の丈、おはしょりの浴衣は身長と同じ丈)

○浴衣を誂える
浴衣生地を選んで、お嬢様のサイズに合わせて仕立ててください。
小学校で浴衣を誂えると、大事に着れば中学生前後(成長によりますが)までお召し頂けます。
最初に浴衣を仕立てる時、[肩上げ][腰上げ]をし、毎年の成長ごとに「上げ」をほどいていきます。
*「上げ」のほどき方
1    2 3

使い捨てでなく「一枚の浴衣を直して最後までお召になる」ことも学びの一つになるでしょう。

浴衣だけでなく、お子さんのお着物は上記のように縫い直せば長くお召になれます。

ご両親様やご家族の手縫いの愛情で、お子様の思い出の浴衣や着物をご用意くださいませ。

針と糸を持つことが不得意の方でも、毎年少しづつ続ければ、お裁縫がうまくなっていきます!

 

| | コメント (0)

金田中岡副徳子さま 

Photo

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

いせよしファン・春

Img_0566

Img_0565

Img_0569

Img_0570

Img_0575 Img_0576 Img_0555

Img_0554 Img_0553

Img_0550 

Img_0546

Img_0544 Img_0543 Img_0542 Img_0541 Img_0539 Img_0540 Img_0535

Img_0537

Img_0536

Img_0538

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

錦織 工房見学

錦織工房に見学に参りました。

その工程は気の遠くなるような手間と頭脳、創造性を要する仕事です。

職人さんの手と頭と心は、まさしくAIよりも優れている!と感じ、

その可能性は未来へ大きく広がります。現在、若い有望なお弟子さんが数名習っていますが、

より多くの若い世代に引き継がれることを切に願っています!

皆様にもほんの一部ですが、作り方をご紹介させて頂きます。

 

参考古書よりアレンジして図案を描きます。
Img_5646

パソコンに図案を入力し、糸かけの法則を作ります。
Img_5647

昔から使われている紋紙の説明です。
帯や着物の柄が決まったら、この紙に穴を開けていきます。
開いた穴の部分だけ、経糸が上に上がることで、柄を織り成すことできます。

Img_5632

糸枠に糸を巻き取ります。(糸繰り)
Img_5638

成形した糸をリリアンのように、編んでいきます。
Img_5635

Img_5634

ちなみにリリアンを作る為の針、壊れたら新しい針は5,000本単位でないと買えないとか…

Img_5637

 

糸をボカシ染めする時の、しかけ方法です。
棒に端をかけて中程を染料に浸けて染めていきます。
Img_5640  

色分けして糸をかけていきます。
その順番を間違えたら、不良品になります。
約4,000本の糸を規則的にかけるので、集中力が強いられます。

Img_5643

こちらは波地紋柄の帯。オサにカーブを入れることで織柄が出来ます。
複雑な織柄にするには、足踏みの本数を増やしていきます。

Img_5639

 



 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

レンタル着物のご紹介

着物がお好きな方、着物初心者の方、
どちらにもお楽しみ頂ける日帰り着物レンタルサービスのご紹介です。

上質な絹、職人の技が詰まった本物の着物をお召し頂き、
銀座の街歩きや観劇へお出掛けしませんか?


◆◇◆◇手描き薔薇柄 小紋◆◇◆
【寸法の目安】
身長:145cmから165cm/ヒップ:100cmまで


Dsc05025 Dsc05027 Dsc05034 Dsc05036 Dsc05041 Dsc05044


◆◇◆ピンク地花柄 附下◆◇◆
【寸法の目安】
身長:155cmから165cm/ヒップ:88cmから95cm
Dsc04782 Dsc04785 Dsc04790 Dsc04788 Dsc04765 Dsc04767

 

◆◇◆◇ぼかし小紋◆◇◆
【寸法の目安】
身長:150cmから155cm/ヒップ:88cmから95cm
Dsc04831 Dsc04837 Dsc04823 Dsc04828 Dsc04814 Dsc04818 Dsc04677

◆◇◆◇黄色 紬◆◇◆
【寸法の目安】
身長:145cmから165cm/ヒップ:100cmまで

Dsc04981 Dsc04982 Dsc04968 Dsc04971 Dsc04990

◆◇◆◇白地花柄 附下◆◇◆
【寸法の目安】
身長:155cmから165cm/ヒップ:88cmから97cm
  Dsc04745 Dsc04750 Dsc04737 Dsc04742 Dsc04754 Dsc04759 Dsc04729

◆◇◆◇麻の葉 紬◆◇◆
【寸法の目安】
身長:145cmから165cm/ヒップ:100cmまで

Dsc04959 Dsc04964 Dsc04947 Dsc04953 Dsc04929 Dsc04930 Dsc04932

◆◇◆◇虹色 鮫小紋◆◇◆
【寸法の目安】
身長:145cmから158cm/ヒップ:88cmから100cm

Dsc04859 Dsc04855 Dsc04838 Dsc04839 Dsc04700 Dsc04701 Dsc04718

◆◇◆◇緑 紬◆◇◆
【寸法の目安】
身長:145cmから165cm/ヒップ:100cmまで
Dsc05016 Dsc05018 Dsc05000 Dsc05003 Dsc05011 Dsc05009 Dsc04998 Dsc04994

 

 



 

 

| | コメント (0)

レンタル着物サービスの詳細です

レンタル着物の詳細は下記のとおりとなります。

その他、ご不明な点がございましたらお電話(03-6228-5875)またはメール(i@iseyoshi.com)まで

ご連絡いただければ幸いです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【レンタル価格】
15,000円(税別)/月曜から土曜 13:30〜17:00

※弊店での着付けサービス込み
※お支払い方法:現金またはお振込

【セット内容】
きもの、帯、レースの長襦袢、帯揚げ、帯締め、
着付け小物(腰ひも、伊達締め、衿芯、帯板、帯枕、草履、バッグ)

【ご用意頂くもの】
足袋
弊店でお買い求め頂くこともできます。(¥3,000〜+税)

※その他、ご自身でお手持ちの着付け小物がございましたら
ご持参いただければ幸いです。

【お申込み方法】
お電話にてご連絡くださいませ。
03-6228-5875

①ご希望のお着物と帯
②お召しになられたい日付
をお知らせくださいませ。
※店主の都合により、日程によってはお受けできない場合もございます。
その際はご了承いただければ幸いです。

【当日の流れ】
12:00 弊店までご来店⇒着付け
☆ご来店時、身分証明書(運転免許証など)をお持ち下さい。

13:00〜17:00 お貸出

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »