« 高梨さん | トップページ | ウエスタンミシガン州立大学より学生さんが来日 初着物体験です! »

2019年5月30日 (木)

見落としてはならない「呉服」の所以について

「呉服」の所以について、魏蜀呉の三国志の「呉の国」から伝わった、とよくいわれます。私も昔は考えもせず、日本の他の文化が中国から入ったという事実のごとく、中国からきた衣服とばかり思っていました。ただ、どうもそれでは解決できない腑に落ちないところがあり‥‥大和言葉を調べました。以下は日本文化の研究をしていらっしゃる小名木善行先生のブログの抜粋です。

*******************************

「呉」という字は、訓読みは「くる(繰る)、くれ(繰れ)」です。
そして、糸を繰って織った布地を使った衣服のことを、もともとの大和言葉で「くれはたおり」、または「くるはたおり」といいました。
その「はたおり」が長い時代のなかで言葉が常識化し短縮されて、「はとり」となりました。
「はとり」は、服を織(お)る部(べ)ですから、「はとりべ」で、これがやはり短縮されて「はっとり」となり、この意味をあらわす漢字として「服部(はたおりべ)」が用いられるようになり、これが転じて「はっとり」となっています。

そして「糸を繰って」つくった布で服を織ったもののことを「くれはた」といわれたものが、やはり漢字で「呉(くれ)服(はた)」と書かれるようになり「呉服」と書いて「くれはた」と読まれるようになったわけです。

そして「呉服(くれはた)」は、漢字の音で読んだら「呉服」です。
それで「はたおり」で作られた着物のこと全般が「呉服(ごふく)」と呼ばれるようになったわけです。

そもそもChinaの「呉」の国は、孫権が打ち立てた国ですけれど、この国は西暦229年に成立し、西暦280年には西晋によって滅亡させられています。
つまり、呉が国家を営んでいたのは、わずか51年のことでしかありません。

そしてこの時代に、魏志倭人伝が書かれたことに明らかなように、日本(当時は倭国)は、呉とは敵対している魏とむしろ仲が良く、逆にいえば、呉は敵国の範疇ですから、この時代に日本が「呉の衣装の影響を受けた」というのは、いまいち考えにくいことなのです。

これは現代にも通じることですが、被服などの習慣は、文化的優位性のある国や地域から、遅れた国へと伝播するものであって、その逆はありません。
逆が起こる・・・つまり文化の遅れた国から、文化の進んだ国へと伝播するのは、スラングや暴力、隠語や売春など、風俗や暴力、つまり裏世界に関することに限られます。

早い話、英国が七つの海を制したから、世界のビジネスマンの衣装は英国風背広とネクタイになったわけです。
あるいは、文化的先進国とみなされた英国からやってきたツイギーがミニスカートだったから、日本中でミニスカートが流行ったのです。

では、この時代、呉は、それだけ進んだ文化を持った偉大な国とみなされていたのでしょうか。

そもそも魏蜀呉の三国が鼎立したときに、なぜか魏の曹操だけが、憎らしいくらいに強い宰相であり、魏は軍事大国として描かれます。
それは事実であったようなのですが、ではなぜ魏がそれだけ強い軍事力を誇れるようになったかといえば、魏の後方に倭国という技術大国があったからです。

魏は、倭国との交易のために、わざわざいまの平壌に楽浪郡庁を置き、次いでいまの漢城に帯方郡という郡庁を置いています。
理由は、倭国との交易を盛んに行うためです。
ではそれが何のためだったのかといえば、倭人たちは鉄を作ったからです。

三国志の時代は、Chinaはまだ青銅器の時代です。
その青銅器の時代に、鉄製の武器を持てば、その軍団は世界最強です。
だから曹操は強かったのです。

そして魏と国交を持つ倭国からしてみれば、わざわざ遅れた国である呉とこの時代に付き合う理由はありませんし、呉人の衣装を「かっこいい!」と真似る必要も理由もないのです。

要するに「呉服」というのは、呉の国から渡ってきたから「呉服」というのではなくて、もともと「繰れ織(くれはた)」に「呉(くる)服」という漢字を当てただけのことで、実は呉服と呉の衣装とは、何ら関係などありません。

ちなみに、もともとは単に機織りして作った布で出来た衣装のことを呉服と言ったのに、これが「ごふく」と呼ばれ、なんとなく海の向こうからやってきた服装のようなイメージで受け取られるようになったのことには、歌舞伎が影響しています。

江戸時代のはじめに、派手な衣装を付けた歌舞伎者たちが三国志演義の上演をして、これがたいへんな人気となりました。
日本人はもともと洋モノが好きなことに加えて、なにせ歌舞伎の衣装は派手で恰好いい。

ちなみに史書である三国志と、三国志演義は実は中身はまったくの別物で、演義の方は、なるほど史書の三国志をモチーフにしているものの、桃園の誓いとか義兄弟の契りとか、いわばひと昔前の任侠ものの映画みたいなもので、義理と人情と恋と喧嘩と、弱い正義が強大な悪に最後は必ず勝つという創作ドラマです。

これは関ヶ原以降に生まれた新たな幕府という権威に歯向かうような一種の爽快感をもって庶民感情を刺激して大ヒットし、同じ着物でも、役者のようなかっこいい着物、流行の最先端のモテ系の着物を扱うお店が、呉服屋を名乗るようになりました。

いまでも原宿や青山あたりに、派手な最先端のファッション店がたくさんありますが、江戸のはじめころのああいった派手系のお店が、呉服屋を名乗り、着物の流行の最先端を担ったわけです。

要するに、呉服は、もともとは単に繰って織った布で出来た服」を指す言葉を意味したし、着物は単に「着るもの」を意味した言葉だったのだけれど、江戸のはじめの歌舞伎と三国志演義の出しものの影響で、呉服がなんとなく、海外のモノをイメージする着物の最先端ファッションを意味する一般名詞へと変化し、これが時を経て、江戸の末期には、着物全般を意味する言葉へと変化していったわけです。

ところが幕末から明治にかけて、西洋から男物は筒袖にももひき姿の衣装、女物はすその広がったスカートの衣装が入ってきます。
さらに明治政府は、文明開化のために洋装を奨励しました。

このため、従来の被服が和服、西洋風の被服が洋服と分けて呼ばれるようになったのですが、このとき、もともとあった呉服や着物という名称もそのまま生き残りました。

|

« 高梨さん | トップページ | ウエスタンミシガン州立大学より学生さんが来日 初着物体験です! »

着物ハウツー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高梨さん | トップページ | ウエスタンミシガン州立大学より学生さんが来日 初着物体験です! »