銀座で小さな和講座

2018年9月16日 (日)

お知らせ:10月20日開催「第十回 花崎杜季女の会 地唄舞と義太夫でよみがえる巴と義仲の世界」

2018年10月20日(土)、セルリアンタワー能楽堂にて

地唄舞、花崎杜季女先生の公演が予定されております。

チケットお申込み、お問い合わせは地唄舞普及協会まで

080-3933-8731

Email:jiutamai.fukyu@gmail.com

http://www.jiutamaifukyu.jp/

Cce20180901

Cce201809012_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

5月12日(土)近藤誠一先生(元文化庁長官、「匠-日本の技」代表理事)「銀座で小さな和講座」 開催お知らせ

若楓に光と風のゆらぎが心地の良い頃でございます。
今日は「銀座で小さな和講座」のお知らせです。

*******************************
第257回 銀座で小さな和講座

講師  近藤誠一先生 (元文化庁長官、「匠-日本の技 TAKUMI- Art du Japon」代表理事など)

題名  「富士山」と「三保の松原から見た富士山」 世界遺産への道
    目に見えないものの価値 / 世界における日本文化とは

とき  平成30年5月12日(土)午後1時30分から午後3時まで

ところ 銀座いせよし

会費  3,500円
*******************************

近藤誠一先生は、「富士山」と「三保の松原」の世界文化遺産登録に御力を尽くされました。
富士山を自然遺産でなく文化遺産として、また
’三保の松原から見た富士山’は日本文化の’目に見えないものの価値’を、世界に広める、
という大きな意義がありました。
そこに至るまでのご苦労や、エピソードなどをお聞きするとともに、
「匠の会」発足の経緯と今後についても伺いたいと思います。


~ 近藤誠一先生プロフィール ~

1946年神奈川県生まれ。東京大学教養学科卒、1972年外務省入省。
在米国日本大使館公使、OECD事務次長、外務省広報文化交流部長などを経て、ユネスコ大使、駐デンマーク大使、
文化庁長官を務め、現在は近藤文化・外交研究所代表、外務省参与。
2013年の富士山の世界文化遺産登録に力を注がれた。
フランス レジオンドヌールシュバリエ章受章(2006年)、平成27年度日本アカデミア賞(国際部門)受賞、
平成28年度瑞宝章重光章受章。平成29年度情報文化賞国際芸術賞受賞。

~ 「匠-日本の技  TAKUMI- Art du Japon」について ~

近藤誠一先生が代表理事を務める「一般社団法人 TAKUMI - Art du Japon」では
日本が誇る「匠」の技能と精神、「匠」スピリットを社会の中心に取り戻すための活動を展開されています。
詳しくは下記のホームページよりご覧くださいませ。
https://www.takumi-artdujapon.jp/index.html


和講座へのご参加のお申込はお電話にてお願いいたします。
03-6228-5875
(営業時間外は、留守電にメッセージを頂けましたら改めて折り返しさせていただきます。)


※講座は人数に限りがありますため、定員を超える場合は、
お得意様より優先でお受付致します。
あらかじめご了承くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

瑞宝単光章受賞の時田先生による、銀座で小さな和講座「簡単!役立つ!楽しい!和裁講座」

2017年「瑞宝単光章」受賞された時田琴美先生に、和裁を教えて頂きました。まずはマイ指ぬきを作るところから始めました。自分のサイズに合った、指ぬきはやっぱり使いやすい!かんぬきはスカートのスリットが、裂けた時などにも活用できる知恵です。プラス、結構楽しいhappy01 ぜひお試しあれ!

Dsc01066

Dsc01051

Dsc01055_2

Dsc01057_2

Dsc01060

Dsc01061

Dsc01071_2

Dsc01073

続きを読む "瑞宝単光章受賞の時田先生による、銀座で小さな和講座「簡単!役立つ!楽しい!和裁講座」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

「簡単!役立つ!楽しい!和裁講座(初心者向)」のお知らせです

「銀座で小さな和講座」「簡単!役立つ!楽しい!和裁講座(初心者向)」のお知らせです。

この講座は、”和裁は難しい!私は不器用で無理!針を持つのは数十年ぶり!”という初心者の方向けにも、針仕事大好き!という方にも、充実した講座です。

和服を作るためでなくても、半襟付けはもちろん、
お洋服の直しなど、日常生活の一助になります。
知ると知らぬでは大違いの発見を満載しています。

和裁は手縫で、一針一針縫うことで、生地と生地をつなぎ、重ね、合わせます。
平面の裁断で立体的な身体に合わせる、その矛盾を可能にしたのが、和裁の匠の技です。
この機会にぜひ、昔からの知恵袋を開けてみて下さいませ。

=====================================
講師   時田琴美 先生 
                時田和裁技術学園代表。2017年「瑞宝単光章」受賞。

とき   2月17日(土) 13時30分〜15時
ところ  銀座いせよし 

     (中央区銀座8−10−3 銀座三鈴ビル6階 0362285875)
会費   3,500円
持ち物  筆記用具。ご自分の指ぬきがある方は、ご持参下さいませ。

      貸し出しも可能です。
=====================================
    *恐れ入りますが、ご愛顧のお客様優先にて、先着順とさせて頂きます。

お申し込みはお電話にてお願い申します。
(営業時間外は、留守電でも承ります。後ほど、おかけ直しさせて頂きます。)

0362285875

皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

故木村孝先生から教えて頂いたこと

木村孝先生がお隠れになられて、一年がたちました。孝先生はエネルギッシュで、後ろに目があるかのように周囲に気を配り、ご自分に厳しく、そして人にお優しい方でした。
「あなたに教えないと、どうやら私は死ねないらしいのよ‥」が口癖だったので、私の中では、〈教わることをたくさん残しておけば、先生はずっとそばに居て下さる〉と思っていました。10年ほど前から「銀座で小さな和講座」と題して、お家元、先生方にお願いして、多種の日本文化(能、三味線、一中節、和裁、鼓、華道、書道、香道、骨董の見方や舞踊、着付、など)講座を、弊店にて催しましたが、孝先生の晩年は、他の和講座の 回数を減らして、孝先生の「着物の極意」を集中的に開催しました。
ご高齢ながらご多忙な先生の雑事を増やさないよう、自ずと色々配慮が必要でしたので、講座はなるべく非公開で致しました。しかし一年が経ち、その場に居合わせた方々への助言はおいて、なるべく多くの方々に先生のお知恵を、恐れながら私からお伝えしたく、少しずつこのブログにてご紹介したいと思います。私の不勉強もあるかと思いますので、もし、近親の方で、
孝先生の意に沿わない、とお思いの事項がありましたら、お手数ですが、お知らせ願えましたら幸甚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

あの和装の大先輩・木村孝先生が愛した「錦の着物・帯の会」を致します(2017年10月23日より)

気温の変わりやすい日々、体調など崩されていませんか?

2016年に96歳で天寿を全うされた染色研究家で、皇后・美智子さまのお着物なども手がけられた
木村孝(きむらたか)先生がお勧めになられた、錦の着物、帯の会を開催させて頂きます。

ご承知のように、錦織の歴史は古く、室町時代には能楽や狂言が隆盛になったことで、
錦の織物は一段の進歩を遂げ、公家や武家衆の正装着として、なくてはならない衣装になりました。

錦織は見た目ももちろん、軽くて着やすいのが一番の特徴です。(年配の方、重い着物が辛い方には、特にお勧めです)

今回はかつての、錦の小袖を、現代風に織り上げた御品をご紹介します。

お祝の席から、普段のおでかけまで、幅広く、そして、永い間、気軽にお召しになれる錦織を、是非この機会にご覧くださいませ。

木村先生についてご存知でないお方は、例えば、次のサイトの記事などをご参照ください。

http://www.25ans.jp/news/lifestyle/161122/
http://www.25ans.jp/lifestyle/focus/170106/?intcmp=ezrec&cx_source=ezrec

【「錦の着物・帯の会」について】

・ところ 銀座いせよし

〒104-0061 東京都中央区銀座8-10-3
銀座三鈴ビル6階(1階はみずたに美術)
地図:http://goo.gl/1Sv3cb

・とき  10月23日(月)より11月18日(土)まで

<営業時間>
(月)(水)午後1時30分から夜7時まで
(火)(木)(金)11時30分から夜7時まで
(土)11時30分から夜6時まで

ご来店を心より お待ち申しております。

銀座いせよし 千谷美恵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

弊店和講座でお馴染みの 花崎杜季女先生 ポーランド公演

1497177681613

地唄舞の花崎杜季女先生。国内、海外と公演に大忙しです。まさに、和の文化を世界に広めていらっしゃいますね。いせよしの小紋は色も映えて、好評でした!との嬉しいお言葉と、楽屋でのショットを頂きました!

Fundacja Przyjaźni Polsko-Japońskiej NAMI ポーランド日本親善友好財団 波

「Nihon no Nami 2017」

https://www.facebook.com/pg/FundacjaNAMI/photos/?tab=album&album_id=1417107591717262

https://www.facebook.com/pg/FundacjaNAMI/photos/?tab=album&album_id=1419023881525633

続きを読む "弊店和講座でお馴染みの 花崎杜季女先生 ポーランド公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

着付けレッスン会を開催しました

着付教室には時間がなくて行かれない!

教室で着物を買わされるって本当?

来週着物着たいの!

自分が着物を着たいだけで、人に着付ける必要ないの!

など、教室問題は山積みです。そんなお声を元に、気軽に着られる着付教室、ご要望に応じて時々やってます。

着物を着るのに、30分、帯に1時間、帯上や帯締に20分、がだいたいの目安です。

基本の「き」をお教えするので、本やビデオでは解明できない方もすぐできます。

英語に例えれば、着付教室は英文法、弊店では日常会話をお教えする感覚です。

初めて着物を着る方には、補正や衣文抜き、しわの処理、など不要です。

何故なら、最初から細かいことに氣を取られ、結局は着物が着られない、より、

着物が着られるようになってから、細かい部分に氣を配れるようにステップアップする方がずっと近道です。

ブラウスに初めて手を通す子供に、同時にブローチの良い位置を習得させるには無理があります。

祖父母の世代に着付け教室に通う人はいませんでした。だから、私の見てきたおばあちゃま方はそれぞれ着方が違い、帯を右上に曲げる人、襟をたくさん開ける人、短く着る人、など着方に個性がありました。そして、TPOや立場によっても着方は一律ではありません。普段の小紋と結婚式の留袖は別、一般の奥様と女優さんや芸者さんは全く着方が別です。

着物は老若男女同じ形なので、なおさら、それぞれの人のアレンジがおもしろい、臨機応変が日本の文化です。だから・・・

まずは、着物を着てみましょー!

以下はいらした方の感想です。

「先日の着付け会でいろいろ教えて頂いたおかげで、本当に着付けスピードがアップして、全く苦痛ではなくなり、ますます普段着しやすくなりました😃」
「着付け会から2回ほど着物を着たけど、着付けが綺麗になったと周りからもお褒めの言葉をいただきました」





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

29年3/11(土)銀座で小さな和講座『すぐに身につく!着付お稽古』開催のお知らせ

どなたでも着物を着られるようになる、
すぐに身につく着付レッスン実施のお知らせです!
着物の着方、帯の結び方、などシンプルに自分が着るためのお稽古です。
一から着付を身に付けたいという方対象です。
最初は手ぶらで見学のみ、も歓迎です。

着物は長年着られるもの、流行や世代も超えて楽しめます。
(日々の着物は、三十年も着続きてる私の実感です!)
自分で着られれば、苦しくなく、長時間のお出かけも安心です。
是非ご参加くださいませ。

・とき:3月11日(土)15時頃〜18時頃(遅刻早退大丈夫です)
・ところ:銀座いせよし
・会費:2000円
・持ち物:着たい着物(寸法が合っているもの)と結びたい帯
             *持っていない方はこのために、急いでご用意いただかず、
             寸法の合った浴衣などをお作りすることをお勧めいたします。
            (仕立て期間は約1ヶ月半、代金約3万6千円)
             帯は私物をお貸しします。)
 しっかり習いたいご希望があれば、以下もお持ちください。
肌着、裾除、帯上、帯じめ、帯板、帯枕、腰紐2本、伊達締め2本、
*足りないものは弊店に数千円でございます。
* お持ちであれば、長襦袢、無い場合は弊店にて簡易なものをご紹介できます。
※そのままお着物でお出掛けの場合は
草履と足袋(販売品はサイズにより不足もあるので、予めサイズをお知らせくださいませ。3,240円)もご持参くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

花崎杜季女先生六瓢庵お披露目会


以前「銀座で小さな和講座」地唄舞で講師をお願いした、花崎杜季女先生。この度、日本文化を広めるための空間を、と六瓢庵を開館されました。燭台と畳二畳さえあれば、舞うことができる、という地唄舞。杜季女先生の舞の開始と同時に、舞手と客が密接ながら、その二つの空気は異次元というほど、隔たりを感じる。そして、次第にそちらの世界に吸い込まれていく‥数分の舞が、遠い昔の出来事のように‥天井の高い、すっきりとした造りの六瓢庵は三鷹駅より徒歩3分。銀座からは45分ほどの道のりでした。ぜひ一度足を運ばれてはいかがでしょうか?

▼花崎杜季女先生ホームページ
http://tokijyo.com/

▼六瓢庵について
〒180-0013 東京都武蔵野市西久保1丁目10-1
tel:0422-69-3114(受付:平日午前9時から午後5時)
Email:info@mubyouan.com
ホームページ
https://www.mubyouan.com/
▼地唄舞ワークショップのお知らせ

E42e81_081cb33f2b2348c59ae761794e91

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

角田 恵理子先生著 「国芳も春画も読めるわかる はじめてのくずし字教室」

角田 恵理子先生著 「国芳も春画も読めるわかる はじめてのくずし字教室」が発売されました。

▼Amazon
毎月三週めの水曜日12時半から銀座いせよしで行っている「銀座で小さな和講座 くずし字」の角田先生発売の御本。子供には見せたくないドキッとする絵画まで、古文の授業で悩んだ気持ちが吹っ飛びます!

51l0evdhhbl_sx350_bo1204203200_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

木村孝先生を偲んで

木村孝先生を偲んで。ご逝去の二週間前にはこんなにお元気に弊店におみえでした。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

銀座で小さな和講座:「青山御流」副家元 園基大先生にインタビュー

「銀座で小さな和講座」の初期から教えて頂いてる
青山御流副家元、園基大先生に、いけ花の魅力を伺いました。
青山御流は宮中に深く関わりのある流派で、昨今知られる佛前のお花とは、また少し異なります。凛としたシンプルな花の姿が、とても清々しい印象です。
どうぞご覧くださいませ。

青山御流ホームページ
今後の催事予定:

20160919_150735_3

■岩手支部設立70周年記念花展 「 温故知新 ~ そしてあしたへ ~ 」
開催日時:9月24日・25日、10:00~16:30
青山御流岩手支部による岩手支部設立70周年記念花展 「 温故知新 ~ そしてあしたへ ~ 」 が、盛岡市内 「 もりおかかいうん神社 」 で開催されます。


20160919_150910_2

■東京支部いけはな展 「 凛 」
開催日時:9月30日・10月1日、11:00~20:00(最終日は18:00迄)
青山御流東京支部によるいけはな展 「 凛 」 が、東京・霞が関ビル内34階 「 霞会館 」 で開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

「日本料理教室藤田」藤田貴子先生に伺う、「日本料理の魅力」

「日本料理教室藤田」藤田貴子先生に「日本料理の魅力」を伺いました。
9月28日にご出演予定のNHK「きょうの料理」、予定内容についてもご紹介頂いています。
衣装は銀座いせよしの縞の小紋と帯になる予定です!そちらも楽しみに
どうぞご覧くださいませ。

「日本料理教室 藤田」ホームページ

NHK「きょうの料理」藤田貴子先生ご紹介ページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

能楽 金春流ご宗家(家元)金春安明先生に伺う、「能の魅力」

銀座いせよしにて10年ほど前から開催の「銀座で小さな和講座」の初代先生。
本日は能楽 金春流ご宗家(家元)金春安明先生に「能の魅力」を伺いました。

8月7日(日)18時より銀座金春通りにて路上奉納能が開催されます。

◆平成28年 銀座金春祭り路上奉納能◆
日時 平成28年8月7日(日)  午後6時 観覧無料
場所 銀座八丁目中央通り博品館裏 金春通り・スリーエイトビル前 仮設御旅所
※午後4時より金春通りにて座席指定券を配布します。(お一人様につき一枚)


※金春先生より、動画の中でお話頂いた点について補足のご教示を頂きました。今年は正しくは観阿弥生誕683年、世阿弥生誕653年、また「世阿弥のお嫁さんが金春禅竹に」とお話し頂いている箇所は、正しくは「世阿弥のお嬢さんが金春禅竹にお嫁に来て」とのことです。

銀座金春通り 路上奉納能について詳しくは下記のホームページをご覧くださいませ。
金春円満井会様ホームページ
銀座金春通りオフィシャルウェブサイトからも能楽金春祭りの様子をご覧いただけます。
以下、金春円満井会様のホームページより、ご紹介文を抜粋させて頂きます。
---------
金春祭りの由来
銀座金春通りの名は、かつてこの地に金春屋敷があったことに由来するものです。
現在その名残は金春通り、金春色、金春芸者といった言葉として残っております。
また金春屋敷跡を示す銘板は、銀座八丁目中央通りにてご覧いただくことができます。

能楽金春祭りは「金春通り会」と「(公社)金春円満井会」の主催により開催され、第1回能楽金春祭りは昭和60年8月に行われました。
以来、毎年開催し銀座金春通りの恒例行事となりました。

その演目は金春流が古来より奈良の地で受け継いできたもので、春日若宮おん祭りにて演じられる「弓矢立合」や、興福寺薪能にて演じられる「延命冠者」「父尉」などを基とし構成されています。

路上での演能ということで驚かれる方もいるかも知れませんが、春日若宮おん祭りでは、昔から浅靴を履いて路上(鳥居の下)にて演じられてきた、とても由緒有る上演形式なのです。

また5年毎に特別に「獅子三礼」が奉じられます。これは「石橋」や「望月」といった曲に登場する獅子の舞を、この路上能のための特殊演出にて演じるものです。
---------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

銀座で小さな和講座:都一中先生に伺う「一中節の魅力」

銀座いせよしにて定期開催中の「銀座で小さな和講座」、都一中先生にご指導頂いている一中節の魅力を伺いました。どうぞご覧くださいませ。

一中節は今から300年ほど前に京都で生まれ、江戸で発展した三味線音楽です。当然のことですが、平安文化も鎌倉文化も室町文化も安土桃山文化も、江戸時代と言う300年近く続いた平和の中で熟成されて現代に伝わっています。古事記も万葉集も賀茂真淵、本居宣長の研究があって始めて現代に伝わったという事もその一例です。その江戸時代のエッセンスである一中節を皆さんとご一緒に楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

4月9日(土)95歳現役染色家 木村孝先生による 銀座で小さな和講座「第七回 着物の極意」お知らせ

いよいよ、お日様観察日和間近です!

皆様はいかがお過ごしでしょうか?
95歳現役染色家、木村孝先生による
銀座で小さな和講座「第七回 着物の極意」を
4月9日(土)に予定しております。
 
<開催概要>
銀座で小さな和講座「第七回 着物の極意」
講師  木村孝 師
とき  平成28年4月9日(土)午後1時30分から午後4時
ところ 銀座いせよし
会費  3,500円
ご参加のお申込はお電話にてお願いいたします。
03-6228-5875
(営業時間外は、留守電にメッセージを頂けましたら改めて折り返しさせていただきます。)
是非ご参加くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

銀座で小さな和講座 木村孝先生「第七回 着物の極意」お知らせ

95歳現役染色家、木村孝先生による「第七回 着物の極意」を予定しております。


銀座で小さな和講座:「第七回 着物の極意」
講師  木村孝 師
とき  平成28年1月30日(土) 午後1時30分から3時
ところ 銀座いせよし
会費  3,500円
ご参加のお申込はお電話にてお願いいたします。
03-6228-5875
(営業時間外は、留守電にメッセージを頂けましたら改めて折り返しさせていただきます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

都一中先生の新作発表会

皆様いせよしのお着物をお召しくださいました!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

銀座小さな和講座 地歌舞 花崎杜季女先生「着物での所作」

Pa030925_3

地歌舞の花崎杜季女先生に、着物を着た時の所作を教えて頂きました。まずは身体をほぐすことから。頭、肩、肘、指を柔らかく、今の生活は指の関節を使わなくても良いことが多いので指をきれいに動かす練習。指先はくっつけた方がきれいに見えるそう。そして、歩き方。反作用を意識して、後ろからひっぱられるように、一人ずつ歩く練習です。右足、左足の前側に順番に体重移動、肩を下げて (肘を下げて)あごを引き、頭蓋骨を上げてまっすぐに歩く。その時、膝は常にゆるめたまま。振り返り方も重要です。右で呼ばれたら、右の丹田にのり、肘をひいて振り返る。物を拾う時も膝には乗らずにお腹にのって拾う。膝や腰を痛める人が多い現代ですが、それはお腹にのっていないからだそうです。前かがみも膝にはのらずに、後ろのアキレス腱で支えることで、安定を良くする。台の上の物を取る時は鼻、口の真ん中を物に向け、肘を下向きに巻き込み、手を差し伸べるように。高いところのものを取る時も肘を巻いて取ります。そして、立ち座りもお腹に力を入れて、手は後ろからつけてくる感じです。写真の撮られる時のポーズでは、上前をみせて斜めに立つ。右を見て、と言われたらあごを右側に。肩甲骨ごと向いたら肘を下げる。見方も右を見る時は左を見てから右へ。日本人は相反する美学を大切にするので、そこを意識しながらゆっくりと。ものを見る時はあごの下あたりで見るように。そして、凝視は美しくないので、奥目で見た方が涼やかとか。先生と一番違ったのは椅子に座って、ひょいっと足を浮かせること。車に乗る時に役立ちます。やはり体幹と丹田の鍛えが、日頃からできていないのが露わに!

今回は着物を着た時だけの所作ではなく、普通に生活する際に気をつける動きを学びました。それは美しさももちろん、健康にも配慮した動きです。そして、反作用を意識することが大切です。先日番組で東京オリンピックの体操で活躍した、チャスラフスカさんが、現在でもべったりと身体を床につける姿を見て、う〜ん、まずは身体を柔らかくせねば!と思うのです。



Pa030932_3

Pa030944_3






Pa030958_2















Pa030961_2

Pa030971

Pa030978

Pa030996

Pa031003

Pa031007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

いせよし和講座 和裁のお稽古で着物が完成!





月2回、2時間のいせよし和講座、和裁の時間でやっと出来上がった着物です。のりこさんが仕上げたのは夏以外にもお召しになれる厚地浴衣、これからの季節も和稽古の日など、日常的にお召し頂けます。私の着物は何度か洗い張りした紬です。穴が空いたり、シミの部分は内側に入れ、新たに再生した着物で、私も着物ももうひと働きです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

10月3日銀座で小さな和講座講師/第八回 花崎杜季女の会

第八回 花崎杜季女の会



とき :2015年10月16日(金)18時30分〜



ところ:紀尾井小ホール





Omote

































Ura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

《あなたの着物での所作は大丈夫?》10月3日(土) 14時から15時半 花崎杜季女先生

テーマ:《あなたの着物での所作は大丈夫?》~女性が憧れる美しい身のこなし~

講師:花崎杜季女先生
とき:10月3日(土) 14時から15時半
ところ:銀座いせよし にて
会費:3500円

お申し込みは0362285875までお電話ください。
(営業時間外は留守電に入れてください。折り返しさせて頂きます。)

厳島神社での花崎杜季女先生の地唄舞もどうぞご覧くださいませ。

<第八回花崎杜季女の会>
こちらでも『厳しの君』展が開催予定です。
とき:2015年10月16日(金)18:30〜
ところ:紀尾井小ホール

併せてMAIIIOさんが地歌舞 花崎杜季女先生のためにお描きになった
お作品発表会があるそうです。maiiioさんには銀座絵巻を以前に描いて頂きました。
<MAIIIO新作発表会『厳しの君』展>
とき:2015年9月26日(土)、27日(日) 15:00 〜 21:00
ところ:青山サロン 港区北青山3−6−10 パラシオ青山1304
ナイトツアーも行うそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

木村孝先生 和講座 日程変更になりました!

恒例になりました、木村孝先生の和講座「第5回 着物の極意」9月も致します。
日程が変更になりましたので、お間違えのないよう、ふるってご参加下さいませ。
ご参加の方は質問をご用意していらして下さい。
※次回の木村先生の和講座は12月6日(日)夜6時半から資生堂パーラーにて行う予定です。

とき 9月5日(土) 午後1時半〜3時半
ところ 銀座いせよし
会費 3,500円

申込はお電話にてお願いいたします。0362285875(営業時間外は、留守電にメッセージを頂けましたら改めて折り返しさせていただきます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

くずし字講座より 篆刻体験致しました!















二十代の頃に書家の閑万希子先生のご紹介で、自分の名前で印を頂いて以来、とても興味があった篆刻。どのような手順か興味津々でした。弊店くずし字講座の角田恵理子先生のご紹介で、教えて下さったのは五島美術館の名児耶明副館長、日本書道教育学会の西澤均先生、書道博物館学芸部の中村信宏先生。先生のやられることをただ、見よう見真似です。名前の美恵の「恵」という字は意味も含めて好きな漢字。この字を辞書で調べます。「心」という字は心臓の形。ちょっとケムンパス系でかわいい字体に決めました。そして、黒い紙に赤い炭で形を真似して書き写します。その後鏡を見ながら、石にを見ながら書き写します。その後線を彫っていきますが、ついつい素人くさい出来栄え。その後しっかり太い線を彫って頂きました。皆さんの出来上がりを一つ一つ印におして拝見しました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

一中節お稽古に麻の着物、サマーウールをお召しの都一中先生

Photo夏の着物は楽でいいですね、と7月8月は麻、単衣の時期にサマーウールをお召しいただきました。麻はブルー、ベージュ、紺と色違いで順番にお仕立、角帯は麻の金茶がどれにも合いますね。拝見するも涼しげな男性の普段着夏着物です。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

次回銀座で小さな和講座「江戸の文様」の内容紹介です(5月16日開催)

今回の銀座で小さな講座内容紹介です。

とき 5月16日(土) 午後2時から3時半

ところ 銀座いせよし

講師  熊谷博人先生

会費  3,500円   

内容

第一部:「江戸文様こよみ」

Photo

熊谷先生著書「江戸文様こよみ」 から、 江戸時代の端午の節句や、初夏、梅雨の生活ぶりと、 庶民の文様がどのような関係にあったかの講義。

pencil熊谷先生著書「江戸文様こよみ」詳細はこちら

(著書紹介ページへリンクします)

こんな細かい型の生地もご紹介致します。果たしてこの生地の謎は‥‥



第二部:「人間国宝 小宮康孝氏

人間国宝の染色家、小宮康孝氏の江戸小紋の古袱紗もお見せくださいます。

江戸小紋も数種ご覧頂けますので、ぜひいらして下さいませ。

小宮康孝氏について詳しくはこちら

ご参加ご希望の方はメール(i@iseyoshi.com)またはお電話03-6228-5875までご連絡くださいませ。

(留守電の場合はメッセージをお残しくださいませ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

銀座で小さな和講座「伊勢物語」ピータージェイマクミランさん

先月の銀座で小さな和講座は、人の数よりも馬の数の方が多かったというアイルランド出身、ピータージェイマクミランさんの「伊勢物語」の解説でした。伊勢物語の中にあふれる在原業平の「優しさ」「友情」「四季」感は江戸時代のベストセラー。それは「癒し」と「終わり良ければ全て良し」とする日本的な感性に基ずいているとのことです。そして、更に実際の歌と訳を実践して教えて頂きました。一つの日本語の歌に、外国人にもわかりやすい直接的な訳と、日本的な感性を表現すべく、間接的で情緒的な訳のふた通りをご紹介くださり 、皆様にどちらが良いか議論の時間も設けました。意外にもお客様の中には、わかりやすい外国人向けの訳を好む方も多く、反対に外国人にも繊細な表現を理解してもらいたいと、情緒的なものを選んだりと、意見はさまざまでした。「都鳥」という言葉一つを訳すにも「バード オブ プリンシプル」のプリンシプルが日本人が雅な都の鳥を思い起こす一方、外国人には都会の鳥を想像されるのでは?と私などは懸念してしまいます。

Dsc07794

Dsc07792

Dsc07802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

5月以降 銀座で小さな和講座  ご参加申込をお待ち申しております

5月銀座で小さな和講座(1)「江戸の文様」】
身近な植物、動物、気象、行事などあらゆる物をシンボル化した江戸人の絶妙な美意識。
世界にも稀な文様の世界をそれを生んだ人々の暮らしと共にご紹介下さいます。
とき 5月16日(土) 午後2時から3時半
ところ 銀座いせよし
講師  熊谷博人先生
会費  3,500円
【5月銀座で小さな和講座(2)「初心者向け着付教室」
前回ご好評につき定員に達し締切とさせて頂きましたが
5月は下記の日程で開催を予定しております。
とき 5月20日(水) 午後3時30分から5時
ところ 銀座いせよし
講師 千谷美恵
会費 2,000円
【6月銀座で小さな和講座 「第4回 着物の極意」
尽きることのない、木村孝先生の着物の世界。
ご自分の経験を、惜しみなく、教えて下さる情熱に湧き出るパワーを頂きます。
とき 6月13日(土) 午後2時から3時半
講師 木村孝先生
会費 3,500円
ご参加ご希望の方はメール(i@iseyoshi.com)
またはお電話03-6228-5875までご連絡くださいませ。
(留守電の場合はメッセージをお残しくださいませ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

銀座で小さな和講座 「文楽」三味線 竹澤宗助先生

文楽の三味線は遠くの舞台で伺う以外、なかなか近くで聴く機会がありません。皆さん自然に近くに寄ってお話、演奏に聴き入りました。

まずは三味線を拝見すると、太棹で大きい、バチも大きく厚みがあり、一番驚くのはバチの持ち方が長唄と90度に近いくらい違う!三味線の糸のお話など交えながら、宗助先生のストイックなまでの練習方法を伺ったり、参加者も三味線を触らせて頂いたり、と和気あいあいな和講座でした。

当日は、舞台の合間をぬって和講座をして頂きましたが、先生の舞台をご覧になった方が、知らずに帰りにいせよしに寄って、先生との再会に驚かれたり、この講座の参加者が後日舞台にいらして、先生と再会されたり、と当日後日談と続きました‥!
Dsc07380_2

Dsc07408

Dsc07386

Dsc07424

Image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 銀座いせよしにて開催の、くずし字講座角田先生が読売新聞に掲載されました

銀座いせよしにて、毎月第三水曜日の12時30分から開催している、くずし字講座の角田先生が読売新聞に掲載されました!美術館でも、お茶席でも今まで読めなかった〈書〉が読めると、思わず昔にタイムスリップできます。

ご興味のある方はお電話をくださいませ。

03-6228-5875

(一回3,500円)

Dsc07747

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

【定員に達しました】4月和講座(2):初心者向け着付け教室

メルマガでご案内させて頂きました4月25日(土)の初心者向け着付け教室は
定員になりましたので締切とさせて頂きます!
次回実施予定の際には改めてご案内差し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

4月銀座で小さな和講座(1)「私も立派な日本人!伊勢物語を学びましょう」

Photo

テーマ:「私も立派な日本人!伊勢物語を学びましょう」

とき  4月11日(土)午後2時から3時半
ところ 銀座いせよし(銀座8−10−3 銀座三鈴ビル6階)
講師  ピーター・ジェイ・マクミラン氏
会費  3,500円

<ピーター・ジェイ・マクミラン氏 プロフィール>
翻訳家、研究者、詩人、アーティスト。
住民の数よりも馬の数のほうが多いようなアイルランドの田舎町で生まれ育つ。 日本在住歴26年。アイルランドとイギリス両国の国籍を持つ。 アイルランド国立大学ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンを首席で卒業後、同大学院で哲学の修士号と英文学の博士号を取得。 その後米国に渡り、プリンストン、コロンビア、オクスフォードの各大学で客員研究員として2年間を過ごす。 現在は杏林大学客員教授、東京大学非常勤講師を勤める傍ら、2008年に『百人一首』の英訳を出版し、日米で翻訳賞を受賞。 最近では『伊勢物語』の英訳を完成させた。2015年にPenguin Booksより出版が予定されている。 2011年にはイタリアで自作の詩集 Admiring Fieldsを出版。日本と世界をつなぐ架け橋としての活動を精力的に展開している。 日本文化及び日本文学に関する講演会多数。
「西斎」の雅号でアーティストとしても活動。葛飾北斎の冨嶽三十六景に触発された『新・冨嶽三十六景』シリーズを製作している。 外国人ならではの斬新な発想で、日本の象徴ともいえる富士山を通じて現代の日本の姿を鋭くとらえている。
-------
ご参加ご希望の方はメール(i@iseyoshi.com)
またはお電話03-6228-5875までご連絡くださいませ。
(留守電の場合はメッセージをお残しくださいませ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

銀座で小さな和講座(3月) 木村孝先生「着物の極意」

3月の銀座で小さな和講座は94歳現役染色家、木村孝先生による
「第三回 着物の極意」を予定しております。
お席まだございますので、ぜひご参加下さいませ。

銀座で小さな和講座:【第三回 着物の極意】
講師  木村孝 師
とき  3月21日(祝) 午後2時から3時半
ところ 銀座いせよし
会費  3,500円

3月20日(金)22時より放映予定のNHK「にっぽんの芸能」番組内、
「ナンノの着物ことはじめ」(コーナーは22時30分頃予定)
にも木村先生がご出演予定です。どうぞご覧くださいませ。
★番組ホームページ
ご参加ご希望の方はメール(i@iseyoshi.com)、
またはお電話(03-6228-5875)にてご連絡くださいませ。
(留守電の場合はメッセージをお残しくださいませ)

続きを読む "銀座で小さな和講座(3月) 木村孝先生「着物の極意」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

銀座で小さな和講座 「瞑想」致しました!

今日は銀座で小さな和講座 「瞑想」でした。

講師は両部神道 湯殿山道場 信貴山 真言宗 深山寺の尼僧様 横田千祥師をお迎えしました。
瞑想ってな〜に?から始り、神道とは、佛教とは、両部神道とは、などなど、マンガbook sign02のお話も混ぜながら、の楽しいお話。
瞑想は若返りの元?尼僧様達のお肌がプリプリの秘密は?など、女子に嬉しい秘訣も。
その後、部屋を暗くし、椅子に座ったままの瞑想の仕方を教えて頂き、実践しました。
ネオンの銀座の夜まっただ中night とは思えない、安らかな時間を参加者の皆さんで、共有できました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

【銀座で小さな和講座2月28日 文楽 三味線】のお知らせ

2月の【銀座で小さな和講座】はお待ちかね、【文楽 三味線】です。
「文楽は生活の一部!」という方も「文楽ってなに?」という方も
高い舞台を遠くから眺める、でなく、間近でボディ体験してください(笑)
講師: 竹澤 宗助 師
とき : 2月28日(土)15時~16時30分
ところ: 銀座いせよし
会費 : 3,500円
勝手ながら、定員になり次第締め切らせて頂きます。
ご参加ご希望の方はメール(i@iseyoshi.com)
または03-6228-5875までお電話をくださいませ。
(留守電の場合はメッセージをお残しくださいませ)
-------------------------------------------------------------------------
<3月予告>
リクエストにお答えしまして、
3月21日(祝)14時~
木村孝 師の【第三回 着物の極意】です。
(会費 3,500円)
-------------------------------------------------------------------------
ぜひご参加くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

銀座で小さな和講座 2015年最初の講座は「瞑想」です。

銀座で小さな和講座、今月は「瞑想」です。
 
「会社が終わったら‥一日をスッキリ終わらせましょう!」
よく寝ていても疲れる、病気でないのに調子が悪い、そんな時には知っておきたい大人の知恵です。
 
とき   1月28日(水) 午後7時〜8時半
ところ  銀座いせよし
講師   横田千祥師(両部神道 湯殿山道場 信貴山真言宗 深山寺 尼僧様) 
会費   3,500円
服装   リラックスできる服装にて
持ち物  特に無
参加ご希望の方はお電話にてお願い致します。
03-6228-5875(営業時間後でしたら、留守電にメッセージをお残しくださいませ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

12月くずし字講座 日程変更のお知らせ

いつも第三水曜日に行っている「くずし字講座」ですが、12月は都合により、

12月18日木曜日(午後12時30分〜) 弊店にて(3,500円)
に変更致します。
何度練習しても字の上手くならない方、古筆やお軸をすぐに読めるようになりたい方このくずし字講座は今までの「字」の概念が払拭されます。
見学歓迎です!ぜひ、一度覗いてみてください!
ご興味のある方は お電話くださいませ。 03-6228-5875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

銀座で小さな和講座〈和裁〉お稽古中です!

銀座で小さな和講座〈和裁〉お稽古中です!

Pa115564_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

【銀座で小さな和講座】木村孝先生「着物の極意」

Dsc05766_2

木村孝先生をおよびして、「銀座で小さな和講座」をして頂きました。
着物は定形、七五三もおばあちゃんも、同じ着物の形、だからこそ、色や模様がとても重要で、それによって、年齢や場面、立場を表すことができる。そして、着物を着ることは自分本意でなく、日本の完成された模様を身につけ、 御祝いの氣持ちや、草花の精氣を頂いて 季節感を嬉しく表す、芸能は神佛に対峙することから始り、その際に使う色の大切さ、などの着物全般のお話。 お若い時の海外生活での経験から伺った、お洋服と和服の違い。子供の頃に着物を着て出かける際、お父様に、その組合せについて叱られたお話など、94歳とは思えない、合理的なお考えで、ユーモアたっぷりの楽しいお話でした。また、和服を着る時の汗対策や、ご自分に似合う着物選び、など、お一人お一人の質問に丁寧に答えて頂き、和服を愛する心、色に取り組む姿勢など、先生から幸せが溢れておりました。 次回、先生にお会いできるのは12月12日(金)午後7時から、資生堂パーラーにての弊店のイベントです。ふるってご参加ください。詳細は弊店に、ご来店かお電話にてお問い合わせくださいませ。

Dsc05762_3

Dsc05790_4








Dsc05784_5



Dsc05778



Dsc05800_2

Dsc05796_2





Dsc05808_2

Dsc05812


続きを読む "【銀座で小さな和講座】木村孝先生「着物の極意」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

今月も「私だって読める くずし字鑑賞」致しました。

Photo

弊店で開催している「銀座で小さな和講座」
今日は「私だって読める くずし字鑑賞」(第三水曜日 12時30分~14時)3500円
こんな余談もとびかいます。
 
   小倉山 峰の紅葉葉 心あらばいま ひとたびの みゆきまたなむ
 定信公

紅葉=鹿=斑点=あんこのつぶ=小倉
 
大好物のあんみつは私は小倉派です。ついでに、
藤原定家の山荘もここにあったから=小倉百人一首になりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

銀座で小さな和講座、金春寿美子氏のお話を伺いました

銀座で小さな和講座、先日は能楽金春流八十代ご宗家夫人の金春寿美子さんにお話を伺いました。八十代続く流派を陰ながら支えたのは、八十人ほどの夫人達です。その秘話を伺いたく、和講座を開きました。当日は八十一代になる金春憲和氏の謡の披露もあり、由緒正しい流派は、世間と変わりない、ご一家の助け合いで成り立ってきたことがわかります。

 
 
能楽金春祭りのお知らせ   
 
8月7日銀座金春通りにて夜6時から 路上奉納能があります。(無料) 
着席するには夕方4時から金春通りで配布される座席券が必要です。
整理券のない方も後方からの立ち見でも、雰囲気は味わえますので、お仕事帰りに是非お立寄くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座で小さな和講座、角田恵理子氏にくずし字の鑑賞伺いました

明治以降の教育で、私たちが習ってきた字、それは正しく暗記、勉強して会得しなければならない、強制的で、つまらない記号でしかありませんでした。でも、字の成り立ち、歴史、そして字を扱う先人たちの自由な発想を知ると、字ってたまらなく面白い!
子供の頃にこんな風に字を習ったら、もっと楽しかったのに〜!と思わず、子供の氣分でお話を伺います。お話を伺うだけで、奇麗な字が書けるようになるのも目からウロコです。
次回は8月20日(水)12時半から13時半に行います。(途中からの参加も可能です。)(3500円と教材費実費)予約をお願い致します。
下記は先生の著書のご案内です。
http://www.amazon.co.jp/本-角田-恵理子/s?ie=UTF8&amp;page=1&amp;rh=n%3A465392%2Cp_27%3A角田%20恵理子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

銀座いせよし 銀座小さな和講座のお知らせ

今後開催の4講座についてのお知らせです。
お申込みは、お電話(03-6228-5875 ※留守電も大丈夫です)
またはメール(mie@iseyoshi.com)にてお願いいたします。
お誘いあわせの上、お申込くださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1.「金春(Komparu)流1400年の歴史?!と銀座能楽金春祭り」
ご存知ですか?名家の多くは室町から続く現在二十数代目です。
金春家はその4倍近い歴史をもつ現在八十世。
家を支えてきたのは、やはり嫁いだ女性達。
今回はご宗家の奥様にお話を伺います。
講師   金春 寿美子先生(金春流八十世宗家金春安明夫人)
とき   7月10日(木) 夜7時から8時30分
ところ  銀座いせよし
会費   3500円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2.「わたしだって読める!くずし字鑑賞」
つづけ字が読めないのは字体を知らないからと思っていませんか?実は・・・
講師   角田 恵理子先生(書家・書道史家) 
     書道および日本書道史の専門書から入門書まで、企画、編集、執筆に携わる
とき   7月23日(水) 12時30分~13時30分  
     *次回は8月20日(水)
ところ  銀座いせよし
会費   3500円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3.「銀座で小さな老舗の和」
ご協力店 かなめ屋(創業1934年 和装小物 べっ甲かんざしなど)
ぜん屋 (創業1939年 履物 下駄など)
     *二店舗のお品物を数点、銀座いせよしにてご覧頂けます。
とき   7月10日(木)・11日(金)
ところ  銀座いせよし
会費   無料

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

4.「銀座で小さな浴衣の着方」

とき   7月22日(火)14時から15時半 
     *次回は8月4日(月)
ところ  銀座いせよし
会費   3500円
講師   千谷美恵
*ご自分の浴衣と帯をお持ちくださいませ。
おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、
お母さん、お子さんも一緒にご参加くださいませ。
(浴衣に着替えられるようにTシャツとスパッツなど、着用のこと)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様のご参加、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)