振袖

2018年4月16日 (月)

さくらさん 卒業式にて

さくらさんの前回お召しのお振袖の様子はこちら

卒業式でサンバも踊ったとか!私もよく振袖で踊ったり、スポーツカーを運転したり、結婚式に間に合うように会場までダッシュしたり、としましたが、サンバは未経験ですwink

 

29633596_10210633661190948_387224_2

Image1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

卒業式の、しずかさん


Img_1702

Img_1701

Img_1710

Img_1721

Img_1723

Img_1745

Img_1755

Img_1760

Img_1765

Img_1768

Img_1729

Img_1731

Img_1739

続きを読む "卒業式の、しずかさん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

えるさんのお振袖

Img_0989




































「お振袖のことはわからないので」と弊店のお客様である恩師の先生がお連れ下さった、えるさんとお母様。

ご本人のお顔を拝見し、かわいらしさと、しとやかさの印象を元に、同じピンク地の二つのお振袖をご用意しました。

一つは古典的なかわいらしい柄、もう一つは大人びた薄ピンク地の、古典的で重厚な柄です。小柄なえるさんは、かわいらしい柄もお似合いでしたが、小さい頃から師事され、お母様ともども信頼の厚い、先生のお言葉から、こちらの松竹梅の重厚な柄を選ばれました。

帯は手機で一つづつ織った、格調の高い袋帯です。薄ピンクに合う、品の佳い黄色地に、未来に羽ばたく蝶と、変わり菱柄が松竹梅柄をひきたてます。

地紋入りの絞り帯上、色数を抑えた刺繍襟は匠の技がこめられた名脇役。そして、矢羽柄の水色の帯じめと、濃いピンクの重ね衿は、一転した元気色で、古典にモダンさを加えました。髪飾りとバッグ、草履は愛情深い、お母様のお見立てです。

古風で、日本女性らしい、しとやかさ、洋楽にいそしむ現代女性の積極性、の両面をお持ちのえるさん。成人式を無事に迎えられ、ご家族様のお喜びも、ひとしおのようでした。

Img_0985




































ホテルオークラ、与儀みどり美容室の後にて、ご一緒させて頂きました。 


銀座いせよしでご用意させて頂いた振袖をお召しになられた皆様を、
下記リンクにてご紹介させていただいております。
http://www.iseyoshi.info/blog/cat23851139/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

さくらさんのお振袖

15556153_10207942285268232_167349_2

16935731_10207942081103128_11015980

17021762_10207942192065902_52236269






















 
















16864317_10207942192185905_42281499


 














16806638_10207942192385910_41423073






2_2

















3

 

 

6

7

9

















美術専門でいらっしゃるさくらさん。その審美眼はご両親譲り。数枚の中から、満場一致で、尊い色、赤のお振袖に決まりましたscissors

お振袖は鶴や七宝、松竹梅の吉祥文様。すっきりとした雰囲気をこわさぬように、本番の半襟は白と金のみのモダンな松の柄に。お袖の長さも吟味して‥縫紋はお母様のご意向で、基本より、少し華やかな形を紋典より選び、振袖の中の金糸の刺繍と同じ色にしました。長襦袢はさくらさんのお好きな薄オレンジぼかし。お振袖には地紋などなく、どこまでもシンプルなので、重ね衿(伊達襟)は格高の紗綾形地紋に、落ち着いた若草色で品格を増します。happy01帯はお母様から譲られた酉年ならでは鳳凰柄や百花柄。紫の帯締で全体を引きしめます。(この日は白ですね)弊店オリジナル振袖用髪飾りは、お母様のアイディアで、髪型に合わせて、下の羽の取り外しができるよう、お作りしました。オークラの与儀みどり美容室の髪結い、お着付は変わらず安心です。lovely

Img_4306

Img_4304

16880238_10207899797126055_41851351

続きを読む "さくらさんのお振袖"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

振袖をお召しのゆいさん 小大福バッグもオーダーで。

どうしても早く振袖着たいです!heart04っと、できたてのホヤホヤ振袖を早速弊店でお召しのゆいさん。髪も今時の髪型でなく、古典の振袖に合う、自然仕上です。その後、弊社主催の「銀座でひっそり大人の忘年会」で大人デビュー!大福バッグも振袖用に小さめに、彼女の注文で誂えました。現在彼女はイスラエル、キブツにて体験、勉強中!将来が楽しみな大和撫子ですheart02


Pc110016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月10日 (火)

第1回「銀座でひっそり大人の振り袖会」@コンラッド東京cerise

銀座いせよしFacebookページのアルバムはこちら

みんなでやるとわりと怖くない!大人でも振袖を着ちゃおうっ。伝統的な振袖はいくつになっても似合う!最近のお嬢様の振袖選びがわからない、とおっしゃるお母様、お祖母さまへ。たくさんの技がこめられた伝統的な振袖は、成人式、お正月、お初釜、卒業式、ご友人の結婚式、ご自分のお色直し、そして年を経ても楽しめます。この日の初対面とは思えぬ年代を超えての女子トークは、やはり振袖マジックでしょう!みなさん、お母さん、奥さんの立場を忘れて楽しんじゃおう!っと。そして、この日の名言は「女は帯結び」。日本女性の帯を結んだ時の、凛とした気持ちは、どんな素敵なドレスより勝る‥とか。二十歳では経験できなかった、振袖の発見で高揚し通しの一日でしたlovely

P2130150_2

P2130129_3






















P2130055

Img_2931_2

 

Img_2933

P2130102

続きを読む "第1回「銀座でひっそり大人の振り袖会」@コンラッド東京cerise"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まゆさんの振袖活躍術

Img_1928_4

 

お振袖があれば、成人式、卒業式、結婚式のお色直しにもお召しになれます。

そして、お友達の結婚式やお正月、お茶のお初釜、歌舞伎観劇の初日など、何度でも着る機会があります。また、将来の娘さんに譲ったり、袖を短くして訪問着にもできることを考えれば、忘れられない思い出と共にお金では買えない大切な写真も残ります。

Img_1931_3

1426223164395_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

花崎紗さ さんのお振袖

花崎流地唄舞をされている花崎紗さ さん。舞の時に使う扇は妹のMICOさんデザインです。
紗ささんのお好きな扇柄を、振袖後ろ肩などに刺繍で施したところ、お召しのご用途などは伺っておりませんでしたのに、micoさんの扇ともぴったり合いました。
このようにお好きな柄の刺繍を入れるなど、着物はいかようにもオリジナル作品ができます(^^)
どうぞ、お気軽にご相談くださいませ!紗ささんの遊び心で、銀座4丁目にある萬年堂さんに依頼して、お揃い和菓子も作られました。紗ささんの銀座の楽しみ方、皆様も是非お試しください‼︎
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

 振り袖のお客様

Img_3063このようなぼかしだけのお振袖も素敵でしょ!柄は、かわいい檜扇の刺繍しゃれ紋のみです。

















Img_3064


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

ご家族三人女子でお振袖

Dsc07771

付下か訪問着をお探しといらしたお嬢様。踊りの名取式にお召しとのことで、成人式は終わっていますが、目に留まったのが、この白地のお振袖です。赤白(せきびゃく)はおめでたい色、加えて、七宝(繋がり、広がりを表す七つの宝)松(神様が宿る、常緑で長寿、祭り、祀るの’まつ’)竹(生命力溢れる)梅(寒さに耐え年の初めに咲く、清浄な花)鶴(長寿) とおめでたい柄ばかり。ご覧いただくうちに、ご一緒の妹さんに、紺地の松竹梅に波頭(葛飾北斎の絵でも世界的に有名ですね)の振袖がお似合いに。そして、お母様にも茶屋辻模様(格の高い御殿の模様)に松の柄の振袖を、ゆくゆくは袖を短く訪問着としてもお召しになれるので、お揃えしました。

振袖というと二十歳で終わり、とお考えの方が多いですが、二十歳を過ぎてからも、卒業式、結婚式に参列、お正月のお食事会や祝賀会、お初釜、歌舞伎鑑賞、自身の結婚式のお色直し、ゆくゆくは訪問着に仕立て替えか、お子さんへ、などお持ちになると機会は盛りだくさんです。(持っているだけでお誘いが増えますwink私は20代に擦り切れるほど着ました‥ )

2016年2月13日成人式後の日曜日に「銀座でひっそり やっと大人の成人式」企画してますsmile良いお振袖ならば、お嬢さん時代の振袖もお似合いになるはずlovelyどうぞ、振袖をお仕舞いなく!

Dsc07689

Dsc07707_2

Dsc07708_2

Dsc07726

Dsc07752

Dsc07722

Dsc07694_2

Dsc07737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

名取式に振袖をお召しの花崎紗ささん

地唄舞の名取になられた花崎紗ささん。名取式のこの日のために、新調されたお振袖です。松竹梅と鶴の柄のおめでたい柄に赤白でお祝いの氣持ちを重ねます。振袖は成人式後もミスには欠かせない第一礼装。また、赤色と白色はお浄めの基本色で、大切な節目には最適です。少し大人っぽく、エメラルドグリーンの帯締めが効きます。この日はお母様と妹様もお喜びを表すために、着物を召され特別な日となりました。



上野公園の応挙館お茶室にて

帯はあやめの形に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

初志貫徹!ご希望の振袖をお作りした ひかりさん

Cci20150227_2

こんな振袖が欲しいんです〜とスマホを片手に、予算はこうです。とご相談にいらしたひかりさんとお母様。私としてはこんなご要望には、ぜひぜひ応えたい。何度かおいで頂いて、ご本人のイメージとひかりさんにお似合いなものを着物デザイナー的審美眼で、選んだ逸品がこちら。ご自分の成人式、卒業式の袴に、お年頃にはお友達の結婚式、ご自分の結婚式披露宴でのお色直し、と振袖は今後もお召しになる機会がたくさんあります。たくさん着せたいわ〜とおっしゃるお母様からは、本人の希望通りのものが揃えられて、本当に良い思い出になりました、と頂きました。

Img_1806_2

 

Img_1803

Img_1804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

19歳のしおりさん

Img_0007

弊店にかかっていたお振袖。柄が小柄で振袖には珍しく、さっぱりとした模様づけ。「これは珍しい振袖ですね。色も華やかな黄緑で若々しく、かわいい色だし、袖を短くすれば、年を重ねても着られますね。」と着物着付けの先生が、ご紹介下さったお嬢様。小柄で可愛らしいしおりさんは、まだ19歳ですが、譲り受けた袋帯も合い、ご希望の赤の重ね衿でかわいくお召しになりました。卒業式の袴と合わせて、お友達の結婚式に、そして、袖を短くして70代まで50年はお召しになれます。winkこのお振袖なら、重ね衿、帯上げ、帯じめの色を変えることで、イメージに変化を加えることも楽しみですね。

















Photo_4

Image1_2




























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

お振袖をご検討のお客さまへ

こちらの特集ページをどうぞご高覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

お振袖の美人姉妹

Ccf20130115_00001_new

Ccf20130124_00000

続きを読む "お振袖の美人姉妹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

成人式のお振袖

Furisode_17_4

 

成人式を迎えた紀恵ちゃんです。

朝早くから夜遅くまで大学に通う紀恵ちゃんが、合間をぬって来店してくださったのは、昨年の夏。

何枚かの候補の振袖の中からテキパキとご自分の目で選ばれたのが、この純白の振袖。
妖精のように肌が透き通り、かわいらしい紀恵ちゃんには、ぴったりの一枚でした。
お母様が若い時にお召しになった袋帯がおのずと合い、重ね衿もご自分の好みでブルーを。
髪も自然なままが、かえって凛と美しい。
成人式は晴れの日であって、祓いの日です。
ご家族の祝福の中、とっておきのお写真をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)